スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
やっぱり、ブロッキングは警察庁の権利拡大が目的
総務省と温度差ありまくりの警察庁のブロッキング方針
東京新聞の記事によると、警察庁がブロッキングリストを作成する団体を公募するといっています。
公募といっていますが、もちろん警察庁のおかかえ、こういう言葉は使いたくありませんが「御用団体」を「選定」するのは明らかです。

委託料も1億円前後出るということですから、お手盛りになるのは確実です。
当然公平性や透明性などというものも、最初から存在しないことは明らかです。

以下東京新聞から



児童ポルノ対象サイト 警察庁 管理団体公募へ 2010年5月19日 夕刊

 インターネット上にはんらんする児童ポルノサイトを強制的に遮断する「ブロッキング」を推進しようと、警察庁がブロッキングの対象となるサイトのアドレスのリストを作成し、管理する団体を民間から公募する方針を固めたことが十九日、分かった。政府の犯罪対策閣僚会議が六月にもブロッキングを含めた児童ポルノ排除総合対策をまとめるのを前に、早期実施に地ならしを進めたい考えだ。

 ブロッキングを行うことになるプロバイダー(ネット接続事業者)業界は、対象サイトの選別は「表現の自由」や「通信の秘密」に絡む問題として、客観性と透明性が担保された第三者機関による運営を主張。総務省の有識者研究会は十八日、対象は警察による摘発や削除要請で対応できない場合に限るべきだとの見解を示し、即時遮断を求める警察庁との温度差が鮮明になった形。警察庁の先行に反発も出そうだ。

(中略)

 警察庁の想定では、リスト作成管理団体は警察情報などを基に、サイトが児童ポルノに該当するか否かを判断。サイト管理者に要請しても削除されない場合や、管理者が所在不明で要請そのものが困難な場合をリストの対象とする。

 同団体を監督する「専門委員会」も設置する予定で、有識者や業界代表でつくる警察庁の懇談会「児童ポルノ流通防止協議会」のメンバーを中心に委員を選任する方針。総務省とネット事業者も年度内のブロッキング開始で合意はしているが、運用方法をめぐって警察庁との溝は深く、曲折がありそうだ。

(引用終了)


http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010051902000201.html

このことからわかることは一つ。

まず、警察庁は、なんとしてでもブロッキング導入の足がかりを作りたいということ。

そして、もう一つは総務省はその思惑をある程度理解していて、それなりに抵抗しているということです。

警察がブロッキングを行いたいのは、一つはそのための予算を獲得すること、もう一つは国民を監視するために大規模な検閲システムを作りたいと考えていることです。

児童ポルノは検閲を行うのに都合のいい「理由」に過ぎません。
実施にここにいたってまで、被害を受けた児童そのものをどうやって保護するかという話はまったく出ていません。
児童の被害なんて本当はどうでもよく、警察に都合の良い検閲システムがほしいだけだ、ということを端的にあらわす事例です。

なぜ、警察が検閲にこだわるのかといえば、検閲という一つの警察産業が生まれることでさまざな利権が発生するからです。警察も役所ですから予算と人と影響力がほしいわけです。

また、国民を効率よく監視することで、「ほら、危険人物がいますよ、予算をつけて監視しましょう」といえるようになりますし、その人物が警察を批判している人物であれば、例えば児童ポルノなどを利用して「消す」事もできるわけです。

警察を批判する人物のサイトを「児童ポルノのリスト」に紛れ込ませ、「なぜだか偶然に」見落としがあり、そのままブロッキングリストに載ったとしたら…

警察は自分の手を汚すことなく、特定の意見や批判、思想を「排除」できます。
しかも、ブロッキングされたこと自体は本人にはわかりません。
リストも公開されず、ブロッキングされたこと自体通知もないからです。

こういう状況を「オーバーブロッキング」といい、実際にイギリスや欧州で大問題になりました。
ウェキペディアが、たった一枚の写真、それも児童ポルノではない写真によりブロッキングされたのです。

こういう恥ずべき事が起きてなお、そのブロッキングに関わった誰一人まともな責任を取っていません。




むしろ総務省に応援を

こうした状況を考えると、総務省に「ブロッキングするな」と抗議するよりも、「警察の利権拡大を食い止めるため、絶対に妥協せずに耐えてほしい」と応援したほうがいいかもしれません。
ブロッキングを本当に厳格に運営するなら(もちろん、私は厳格な運営なるものは信じませんが)、ある程度妥協の余地はありますが、警察庁の主張は、もはや特高警察時代の検閲部署と何も代わりません。

民主警察が建前の現代の警察庁が特高警察まがいの主張をするのは非常に気持が悪いと感じます。

警察の中にも内務省復活論者がまだいるということでしょうが、少なくとも総務省がそのお先棒を担ぐ理由はないわけで、もし、意見を出すならば

「ブロッキングは認めないし、それを認めた総務省の態度は疑問だが、警察の検閲まがいの方針に対抗する姿勢は評価する。応援するから警察には絶対妥協せず踏ん張ってほしい。」

という趣旨のほうがいいかもしれません。
このぎりぎりのところで踏ん張っている総務省の官僚の姿勢は、(ブロッキングの是非は別にすれば)素直に評価したほうがいいとおもいます。

少なくとも、ほいほいとブロッキングに応じた副大臣よりは官僚のほうがマシです。

本当は、保坂さんが総務省に残っていただければもう少し安心だったんですが、参院選もありますからね…
スポンサーサイト
[2010/05/19 17:57] | ニュース記事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<「非実在青少年問題」 日本の論点のちょっとした変化 | ホーム | 非実在青少年 総務委員会とかイベントとか>>
コメント
No title
普天間だけでなくこういうところにも幼稚園児が政治主導すると道を誤るということが端的に現れていますね。
民主党がここまで無能無定見だとは思わなかった。
参院選では絶対入れたくないですね。
[2010/05/20 21:27] URL | 民主支持だったんだけど・・・ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tuchizaki.blog24.fc2.com/tb.php/13-0d968519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。